クレジットカード現金化の仕組みについて

クレジットカード現金化を利用する人が今増えています。その理由はこれまで現金を手に入れると言えば、消費者金融でお金を借りるしか方法がなかったと思えていたのですが、今ではそうではなく、クレジットカードさえあれば現金が手に入るからです。

■ クレジットカード現金化とは?
これは一体どのような仕組みなのか、わからない人はわからないでしょう。クレジットカードを現金化すると聞くと、普通の人だったら持っているクレジットカードを誰かに売ってお金を手にするという発想になるかもしれません。しかしそうではないのです。クレジットカードそのものを売るのではなくて、クレジットカードのショッピング枠を現金化させるという方法になります。

■ 本来買い物に利用するショッピング枠
ショッピング枠といえば本来ならば買い物をする際に利用する枠となります。買い物やサービスを直接受ける場合に利用することになるのですが、現金を手に入れることができるのです。ショッピング枠現金化と言ったほうが分かりやすいのかもしれません。通常キャッシング枠なら現金を引き出すことはできるのですが、ショッピング枠ではできないはずです。それが可能になるので不思議ですね。それがこの現金化の仕組みなのです。ですからクレジットカードを転売するといった方法ではありません。

■ 誰でも利用することができるのか
誰でも利用することができます。クレジットカードのショッピング枠にまだ限度額が残っているのであれば誰でも利用できます。キャッシング枠を使い切っていて限度額がもうなくて現金を手に入れることができないという人は、ショッピング枠の限度額がまだ残っているのであれば、ショッピング枠現金化をすることが可能なのです。しかも消費者金融からお金を融資してもらうわけではないので安心ですし、即日対応の業者も増えているのでお金に困ったときに手軽に利用することができるのです。だからクレジットカード現金化の利用者が増えています。

クレジットカード現金化は高い利息を支払っている

クレジットカード現金化は利便性が高く、気軽に利用している人も多いかもしれません。
しかしながら、借りる事は簡単でも、返す事が簡単な訳ではありません。
むしろ利息は消費者金融よりも割高であるという事は、キチンと理解し返済計画を立てた上で利用するようにして下さい。

■クレジットカード現金化の還元率を考慮しよう
まず理解しておいて欲しい事は、クレジットカード現金化は返済時の利息だけでなく還元率も考慮しておく必要があるという事です。
還元率とは利用したクレジットカードのショッキング枠現金化に対して、入金される金額の事です。
例えば10万円のショッピング枠現金化をしても、10万円の現金が入金される訳ではありません。

還元率の相場は80%と言われています。
そのため10万円分のクレジットカード決済を行っても、口座に入金される金額は8万円以下なのです。
以下という言葉を使ったのは、業者によっては手数料が発生し、手数料も引かれた状態で入金されるためです。

もちろんクレジットカード会社からは、10万円の決済に対して請求書が届き、そこからさらに利息をつけて返済していきます。

■クレジットカード会社への返済方法
では次にクレジットカード会社から請求書が届いた場合の、返済方法について紹介します。
返済方法は3つあり、一括払い、分割払い、リボ払いとなっています。
一括払いを選べば利息はつきません。

ですが経済的に苦しくてクレジットカード現金化を利用している人の多くは、一括払いでの返済は難しいと言えます。
そして分割払いやリボ払いを選んだ場合に、高い利息がつく訳です。
このクレジットカード会社に支払う利息自体は、消費者金融の利息ほど高くはありません。

ですがここで忘れてはいけない事は、還元率が100%ではないという点です。
つまり還元率の時点で2割近くの損をしていて、さらにここにクレジットカードに支払う利息を加算すると、消費者金融の利息よりもはるかに高い利息を支払うのと同じ事になってしまう訳です、

【参考】クレジットカード 現金化 自分でやるにはどうすればいい??