クレジットカード現金化で電子マネーを利用しよう

クレジットカード現金化もかなり広まっています。うまく使えば、急な出費の時や銀行や消費者金融から融資が受けられないといった人が一時的にでもお金を工面するのに、かなり役立ちます。

さらに最近では電子マネーをもつかって現金にしていく方法が出てきました。ここでは電子マネーをどう使えばいいのか見ていきましょう。

■そもそも電子マネーってなに?
若い人ならば使っているよと言う人も多いでしょう。しかし、中高年になると聞いたことがあってもよくわからないなんてこともあります。
電子マネーとは、カードに使える金額が設定されており、それを読み取り機にかざすことで現金を払ったのと同じように支払いがすむというものです。楽天Edyが代表的な電子マネーといえます。

そんな電子マネーは、事前にお金をチャージつまりお金をを支払って、使える金額を設定することとなります。

■クレジットカードを使ってチャージをしてから
このチャージでクレジットカードを使うこともできます。
ところが電子マネーはチャージしすぎると、それをお金に戻すことはできません。そこでそのチャージ分をお金にする、つまり現金にするやり方は、物を購入し、それを未開封のままお店へ返品することで現金が手にはいるのです。
もしくは買い物をして、商品買取のお店や金券ショップに買取してもらうことでやはり現金を手にすることとなるのです。

これまでの自分でのやり方に、電子マネーが関わってくるということになります。正直に言えば電子マネーを準備する、さらにチャージするという手間ができるのです。余計な手間だとおもうかもしれませんが、実は商品やチケットを購入することでクレジットカード会社の監視にかかることがあります。
ところが電子マネーを挟むことで監視を抜けるというメリットがあり、より安全にクレジットカード現金化ができるということです。

■自分でやる人向け
このようにクレジットカード現金化を業者を使わずに、自分でやりたいという人向けだと言えます。さらに、普段から電子マネーを使う人にも向いているやり方と言えるのです。

関連記事