クレジットカード現金化よりもAmazon商品券買取が支持される理由

最近、クレジットカード現金化よりも勢いを伸ばしつつあるのがAmazon商品券の買取です。
Amazon商品券もネット上でクレジットカードで購入する事が可能です。
そのためAmazon商品券を買取してもらう目的は、現金を手に入れるためという人は多いと言えます。
ではクレジットカード現金化とAmazon商品券の買取の違いについて紹介していきます。

Amazon商品券買取の方がリスクが少ない

クレジットカード現金化よりも、Amazon商品券買取の方が、クレジットカードでAmazon商品券を購入するというひと手間が加わります。
ですがそのひと手間が加わってもクレジットカード現金化を利用するよりも、Amazon商品券の買取を利用したいという人が増えています。

その理由はAmazon商品券の買取の方がリスクが小さいためと言えるでしょう。
例えばクレジットカード現金化の場合、業者が指定する全く価値のない商品をキャッシュバック付きで購入します。
もし悪質業者で、銀行の口座に入金がなかった場合、キャッシュバック付きの商品は無価値になってしまいます。

ですがAmazon商品券の場合は、Amazonで好きなモノが購入出来る利便性の高い商品券です。
そのため無価値なモノを購入するよりも、価値があるモノを購入する方が心理的な抵抗が少ないと言えるでしょう。

Amazon商品券買取なら利用規約に違反しない

そしてクレジットカード現金化の場合は、クレジットカード会社の利用規約に違反する行為なので、もしバレた場合にクレジットカードが利用停止になってしまいます。
ですがAmazon商品券買取の場合は、Amazon商品券を購入する行為も、それを買取してもらう行為も利用規約に違反する行為ではありません。
換金目的でAmazon商品券を購入するのはNGと言ったところで、購入時に換金目的だったかどうかを証明する手段は何もありません。

またAmazon商品券は食品から日雑品まで何でも購入する事が出来るため、今や買い物のほとんどはAmazonを利用しているという人も少なくありません。つまり購入頻度がどれだけ高くてもクレジットカード会社から目をつけられるという心配もないという事です。

関連記事